Scroll Down To Top
最終更新日

引越し費用の仕組みと相場とは?安くする方法と時期についても徹底解説

引越し費用の仕組みと相場とは?安くする方法と時期についても徹底解説

就学や就職、結婚など、ライフステージの変化に伴い、新たな暮らしへの住みかえを行うための引越し。当然、安心して気持ち良く引越しが行えることは重要ですが、それが適正な価格であることも大切です。ある程度費用をかけてサービスを充実させたい場合も、できる限り費用を抑えたい場合も、提供されるサービスに対して適正な価格かどうかを知るためには、引越し料金を決める要素を理解し、同じ条件での相場を知ることが必要です。

こちらの記事では、引越し料金の仕組みや価格を抑える基本的なポイントなど、引越しをする際に正しい判断をするための情報をわかりやすくご紹介します。

目次
  1. 1. 引越し業者へ支払う料金が決まる4つの基本要素
  2. 2. 3月、4月は引越しが集中する繁忙期、それ以外の時期が通常期
  3. 3. 引越しの費用を少しでも安くするには?
  4. 4. 正しい知識で最適な引越し業者選びを
  5. 5. 引越し費用に関するFAQ

引越し業者へ支払う料金が決まる4つの基本要素

引越し業者へ支払う料金は、国土交通省が定めた「標準引越運送約款」に基づいて決められており、主に以下4つの項目を合算して料金が決まります。

移動距離

引越し業者が荷物を運ぶ移動距離は、引越し料金を決める大きな要素。同じ市区町村内などの近い距離であれば引越し業者の負担が減り、それに比例して料金も下がります。

荷物の量

旧居から新居まで運ぶ荷物の量によって、引越し業者が用意するトラックの大きさと台数、作業員の人数が変わり、それらが料金に直結します。

作業量

作業員の人数や、実際の作業にどれくらい時間がかかるかによっても料金は変動します。旧居、新居問わずエレベーターがない建物の場合は作業量が多く、料金が高くなってしまいます。

オプション料金

引越し業者によっては、引越し前の荷造りから引越し後の荷解きまでをオプションサービスとして提供している場合があります。エアコンの取外しと設置などもオプションに含まれるので、これらのサービスを利用するか否かで引越し料金が変わってきます。

3月、4月は引越しが集中する繁忙期、それ以外の時期が通常期

多くの人が新生活に向けて引越しをする3月、4月は繁忙期となり費用相場も高騰する傾向にあります。その他の時期が通常期となりますが、中でも繁忙期前の1月頃や新生活シーズンが過ぎ去った6月頃は比較的費用が安い傾向にあります。

引越し料金と時期についてはこちらもチェック

引越し費用が最も安い時期は?直近の引越しデータから見る平均相場

単身の引越し費用相場
距離 閑散期 繁忙期
50km未満
(東京都八王子市~東京都足立区程度)
34,624円 54,751円
50km以上~100km未満
(東京都新宿区から群馬県前橋市程度)
41,100円 74,888円
2人の引越し費用相場
距離 閑散期 繁忙期
50km未満
(東京都八王子市~東京都足立区程度)
68,834円 106,148円
50km以上~100km未満
(東京都新宿区から群馬県前橋市程度)
84,570円 146,917円
家族(3人以上)の引越し費用相場
距離 閑散期 繁忙期
50km未満
(東京都八王子市~東京都足立区程度)
73,281円 123,195円
50km以上~100km未満
(東京都新宿区から群馬県前橋市程度)
78,165円 159,381円
  • 当サイトを利用し、ご紹介した引越し業者にて引越しをされた方の引越し料金より集計しています。引越し見積もり料金を保証するものではありません。

引越しをする家族構成ごとの月別費用相場については、以下の記事も参考にしてください。

引越しの費用を少しでも安くするには?

繁忙期を避ける

前述の通り、新生活シーズンなどの繁忙期は引越し料金も高くなりがち。繁忙期を避けたタイミングで引越しできるのであれば、引越し料金を安くすることができます。

土日祝日を避け、平日のフリー便を活用する

多くの方が休日となる土日祝日は、引越し業者も混雑しがち。比較的空きのある平日で、時間帯もフリー(時間指定なし)であれば引越し料金が割安となる業者は数多く存在します。都合がつくのであれば、フリー便を活用することで引越し料金を安く抑えることができます。

事前に不用品を処分して荷物を減らす

引越し料金が決まる仕組みの説明でも述べた通り、引越し業者へ支払う料金は荷物の量が大きく影響します。事前に使わなくなった家具などを処分しておくことも、引越しの料金を抑えることにつながります。

また同様の理由から、引越しの際に新たに家電を購入する場合、新居に引っ越してから購入することをおすすめします。

相見積もりを取る

引越し業者は国内で3,000以上あると言われており、競合他社に勝つため、サービス面や料金面でさまざまな工夫を行っています。複数の引越し業者に相見積もりを依頼することによって、数ある業者の中から最も安い業者に引越しを依頼することができます。

Smyb引越し見積もりでは、複数の引越し業者への面倒な一括見積もりを一度の入力で簡単に依頼できるサービスを提供しています。ぜひ引越しの機会にお役立てください。

正しい知識で最適な引越し業者選びを

引越しのような目に見えないサービスは、その料金が適正なものか判断が難しいものです。最適な引越し業者を選ぶためにも、こちらの記事でご紹介した引越しの費用に関する基本知識をぜひ参考にしてください。

引越し費用に関するFAQ

ここでは引越しの費用に関してよくある質問とその回答をご紹介します。

キャンセル料はかかる?
相見積もりはいつまでに出すべき?
引越しの費用は経費として計上できる?
引越し費用の助成金(補助金)制度はある?
引越し先が決まったら、
あとはSmybにお任せください!
引越し業者探し・手続きのお申込みはこちらから
引越し先が決まったら、
あとはSmybにお任せください!
引越し業者探し・手続きのお申込みはこちらから